脱毛期間中に毛抜きを使うのはNG?気を付ける自己処理の方法

MENU

脱毛期間中に毛抜きを使うのはNG?自己処理の方法

脱毛の施術を受けたとしても、1回でツルツルになるわけではありません。そのため脱毛初期は自己処理をしなくてはいけないのですが、間違った処理は脱毛効果を下げてしまいます。トラブルなく脱毛を終わらせるためにも、気をつけなくてはいけない自己処理方法をチェックしておきましょう。

 

毛抜きを使うと効果がでなくなる

 

毛抜きでの自己処理は、カミソリよりも綺麗に仕上がりますし、毛根から抜けるので効果にも持続性があります。毛抜きアイテムも低価格ですから、コストもかからないもっともスタンダードな自己処理方法です。

 

しかし、脱毛期間中に毛抜きを使うのはNGです。光脱毛や医療レーザー脱毛というのは、黒い色素に反応する光を照射します。毛抜きで処理をすると、ムダ毛をすべて抜いてしまうため黒い色素がなくなってしまいます。

 

つまり毛抜きで抜いた部分に光を照射しても何も反応しないので、脱毛効果を得られなくなるのです。また、毛抜きでの自己処理はムダ毛の毛周期に関係なく、成長してきたものを毛根から無理に引き抜きます。

 

すると毛周期と脱毛の施術の周期にずれが出て、さらに効果が出にくくなることもあるため、毛抜きでの処理はNGなのです。

 

脱毛中の正しい自己処理方法は?

 

自己処理方法は、カミソリや除毛クリームなどもありますが、推奨されているのは電気シェーバーを使うことです。電気シェーバーはもっとも肌への負担が少なく安全です。カミソリと同じでは、と思うかもしれませんが、ダメージの度合いはまったく違います。

 

カミソリは刃を肌に押し付けて剃るので、角質層まで傷つけてしまいます。電気シェーバーは撫でるように肌を滑らせるだけでムダ毛をカットできるので、角質層へのダメージを最小限に抑えられます。

 

脱毛をするのにわざわざ電気シェーバーまで買うのは抵抗があるかもしれません。ですが、脱毛の効果をなくさず美しい仕上がりにするには一番適した自己処理方法ですから、脱毛の必要経費として組み込んでください。

 

脱毛をしているのに、自己処理にまで気を使うのは面倒と感じることもあるでしょう。しかし脱毛が完了するまでですから、正しい自己処理方法で脱毛効果を下げないようにしてください。