メラニン色素を必要としないレーザー脱毛は可能なのか?その方法とは?

MENU

メラニン色素を必要としないレーザー脱毛は可能なのか?その方法とは?

レーザー式脱毛は、脱毛効果が高いのが魅力ですが、その分痛みが強いというデメリットがあります。これはメラニン色素に反応するレーザーによって、強い熱が発生することが原因なので、メラニン色素がなければ痛みも起こりません。では、メラニン色素を必要としないレーザー脱毛は可能なのでしょうか。

 

メラニン色素がなくてもレーザー脱毛できるの?

 

クリニックでは、ほとんどがメラニン色素に反応する医療レーザー脱毛器を導入しています。しかし、数年前からはバルジ式脱毛が出来るレーザー脱毛器を導入するクリニックが増えてきています。バルジ式脱毛の特徴は、毛根を破壊する従来の医療レーザー脱毛器と違い、バルジ領域を破壊するというところです。

 

そのためバルジ領域にはメラニン色素は存在しませんから、バルジ式脱毛はメラニンを必要としないレーザー脱毛と言われているのです。ただ、現時点ではまったくメラニン色素がない状態ではバルジ領域を破壊するのは不可能です。

 

バルジ式脱毛でも、熱を加えることでバルジ領域を破壊しますから、肌の内部に熱を発生させなくてはいけません。そのためには、メラニン色素に反応するレーザーによって熱を作り出す必要があります。

 

メラニン色素がなければ熱が発生しないため、理論的に言うとバルジ式脱毛でも毛周期に合わせて施術を行う必要があるのです。

 

バルジ式脱毛とレーザー脱毛の違い

 

バルジ式脱毛で破壊する、バルジ領域というのは、毛の生成に必要な幹細胞を作る領域です。ムダ毛は毛母細胞が分裂することで成長しますが、バルジ領域はその毛母細胞の元となる発毛因子を作り出すのです。バルジ領域を破壊すれば毛母細胞が作られなくなるので、ムダ毛が成長しなくなるというのがバルジ式脱毛のメカニズムです。

 

一方、レーザー脱毛では毛根組織を熱によって破壊します。つまり同じ脱毛という目的の施術であっても、破壊する部分が両者では大きく異なるのです。

 

ですが、バルジ領域というのは皮膚に近いところにあるため、毛根を破壊するほどの熱量は必要ありません。低い熱でも繰り返し照射することで破壊できるので、これがメラニン色素を必要としないレーザー脱毛と言われる由縁です。